失敗しないためのセフレ選び

セフレを作るのに焦って誰彼構わず手を出すと言うことは珍しいことではありません。
しかし、せっかくセフレを作るなら優良物件とはいかなくとも、いわくつきの物件をつかまされるのはやはり避けたいところです。
セフレとはいえ自分の人間関係を構成する一員となるわけですからしっかりと相手を見極めて選ぶ必要があります。
では、どのようなことに気をつければいいのでしょうか?
・恋愛に不慣れな相手は避ける
恋愛に不慣れな人、もしくは全くの初心者と言う場合は注意が必要です。
恋愛経験が乏しいと「肉体関係を持つこと=恋人同士の関係」とどうしても錯覚してしまう傾向があります。
もしあなたがセフレの関係を経て恋人を作りたいと言うのならそれも問題ないかもしれませんが、割り切った関係を築きたいのなら、ある程度の恋愛を経験した相手や、すでに何人かとセフレの関係を持っている相手を選ぶのが吉でしょう。
・依存気質の人は避ける
恋人や親密な関係の異性に依存する傾向がある相手は避けるほうがいいでしょう。
依存気質の人は最初はどんなにセフレという線引きをキープしていても、どうしても恋愛関係という方向に徐々に徐々にシフトしていきます。
それに気付いた時点で切り捨てられれば被害は少ないですが、いつの間にか共依存の関係になり、泥沼から抜け出せなくなるかもしれません。
・自分が惚れた相手は避ける
自分が惚れた相手とはやはり恋人になりたいものですが地域別で凄く会えるmコミュみたいな出会い系サイトまとめてみたそうそう上手くいくものではありません。
しかし、恋人にはなれなくてもセフレになるきっかけは転がってくるかもしれません。
もしそんなことがあれば非常にラッキーなこととは思います、しかし、本当にいい結果をもたらすかはわかりません。
いくらセフレという関係になれても、恋人になりたいという思いはなかなか消せないものです。そこから関係がこじれてストーカー事件などに発展するなどということも決してない話ではありません。
いかがでしょうか?いくらセフレが肉体中心の関係とはいえ、相手の人となりを見極めないと痛い目に会うことがあります。
セフレを選ぶときは相手をよく観察するようにしましょう。